大阪の切手買取なら【福ちゃん高槻店】

切手にはたくさんの種類があります。その分類は、発行目的によって分けられています。各切手のおおまかな一覧は次の通りです。 まずは普通切手。一般的な封書やはがきの使用の為に最も使われるものです。次にグリーディング、写真・記念切手です。季節や行事などの節目に発行されるものです。そしてふるさと、寄付金付切手です。地域復興、公共目的などで発行されます。その他、過去の時代に限定的に発行されたものも一覧として存在しますが、現在はほぼ使われていません。 また、日本では発行されていない切手もあります。それらが次の一覧の通りです。 速達料金のために発行したもの。これは、諸外国では添付されると速達であるという意思表示になり、料金の不足も、速達分が支払われていれば速達とみなされることもありました。書留料金の支払いのためのもの。おおむね高額な額面で、国際的にRが書龍を示す文字として用いられることが多いです。そのほか、公用、新聞、不足料など、基本的には料金の支払いを特化させたものが中心となっています。

日本と外国、切手の違いはどんなものか

切手と私とコーヒーと